>

家族以外の知り合いを呼ばない

このコラムをシェアする

故人との別れを惜しもう

たくさんの参列者がいると、おもてなしをしなければいけません。
そのことに集中して、自分は故人と別れを惜しんでいる暇がないことがあります。
これまでお世話になった家族ですから、きちんとお別れを言いたいですよね。
それなら、家族葬を選択するのがおすすめです。
家族しか参加できない葬儀なので、友人や会社の知り合いを呼ばないでください。

親しい関係の家族だけなので、普通の葬儀のように気を使う必要はないでしょう。
それぞれ、個人との別れに集中できます。
しかし香典収入だけでは、葬儀代を補うことができないと言われています。
参列者が少ないので、香収入も当然ですが少ないです。
自分たちが支払う金額が多くなると認識してください。

トラブルを避けるために

家族葬だということを、前もって周囲に伝えておきましょう。
会社の知り合いは、葬儀に参加したいと思っていたかもしれません。
自分が知らない間に葬儀が終わったことを知ると、怒ってしまう可能性があります。
これから関係性が悪くなることを防ぐため、知り合いや近所の人に伝えることを忘れないでください。

家族葬でひっそりと済ませたいことを伝えれば、相手は納得してくれると思います。
ただ、そのような人は葬儀が終わった後にやって来ることが多いです。
しばらくは来客が多くなると考えてください。
あまりにも知り合いが多く尋ねてくると、精神的な負担になりますし、自由な時間が減ってしまうので注意しましょう。
そのことも含め、本当に家族葬でいいのか判断してください。