>

基本的に費用が安くなることが多い

このコラムをシェアする

費用を安く済ませる方法

自宅で葬儀をやるだけのスペースがある場合は、自宅葬を選択することをおすすめします。
すると会場代を節約できるので、予算が少ない人でも安心できます。
会場に使う部屋は、生活感があったらいけません。
白い布を使って隠してください。
葬儀社に相談すれば、白い布を有料ですが貸してくれます。
3万円から5万円ぐらいで借りられるので、会場を借りるよりか遥かに安い金額です。

予算が少なくても、誰かが亡くなったら葬儀はきちんと済ませなければいけません。
費用削減ができる方法を見つけてください。
自宅葬を選択するなら、葬儀に呼ぶ人を厳選してもいいですね。
参列者の人数が少ないなら、そこまで広いスペースがなくても自宅葬ができます。

参列者が多くなってしまう場合

生前の知り合いが多い場合は、葬儀の参列者が多くなってしまいます。
自宅に参列者が入りきらない場合は、外で待機してもらってください。
テントを設置すると雨が降っていたり、日差しが強い時でも大丈夫です。
参列者の人数に合わせて、テントの大きさや数を決めてください。
かなり多くの参列者が来るなら、大きめのテントを用意しなければいけません。

すると10万円ほどの費用が発生することがあります。
自宅葬にすれば費用削減ができると言われていますが、参列者の数によっては大きな費用が掛かるかもしれないと覚えておきましょう。
どこにテントを設置するのかという問題もあります。
交通量が多い道路にテントを設置するのは邪魔なので、絶対にしないでください。