>

メリットなどを調べよう

このコラムをシェアする

自宅の広さを考えよう

自宅葬をするなら、まずは参列者が何人になるのか把握してください。
その人たちを全員収容することができるでしょうか。
故人の知り合いが多い場合は、参列者の数も増えます。
自宅に入り切らない場合は、自宅葬ができないと考えてください。
早めに、どんな葬儀にするのか決めておきましょう。
故人が亡くなってからでは慌ただしくなるので、ゆっくり決める暇がありません。

故人が、自宅葬がいいと希望することもあります。
住み慣れた住宅で最後まで過ごしたいという希望があれば、自宅葬をする方向で考えてください。
故人の希望があるなら、できる限り希望に沿うことをおすすめします。
希望を無視すると、故人が安らかに成仏することができません。

最も重要な部分とは

自宅葬ができるかどうかは、出棺できるかどうかで決まります。
葬儀には様々な種類がありますが、そのすべてに出棺という工程が含まれています。
棺を室内から外へ、運ばなければいけません。
自宅が狭かったり家具が多かったりすると、棺が引っかかって室外へ持ち出すことができなくなります。
どのルートを通って、出棺すればいいのか考えましょう。

出棺できる広さがあるなら、マンションでも自宅葬ができます。
家具が邪魔になりそうだったら、葬儀をする前に少し片づけてください。
邪魔な家具をよければ、無事に出棺できるケースもあります。
故人の慎重によって棺の大きさが異なるので、棺が決まったら出棺できるか調べるのもいいですね。
早めに確認しましょう。