自宅葬と家族葬で知っておきたいこと

葬儀をする際に必要な情報

メリットなどを調べよう

自宅が広いなら、自宅葬を選択できます。 故人が生前暮らしていた家で、葬儀をしたいなら家族葬で見送ってあげましょう。 どのくらいの参列者が来るのか、考えてください。 棺を出す時は、どのルート通ればいいのか決めておきましょう。 出棺できない場合は、家族葬を選べません。

基本的に費用が安くなることが多い

葬儀の会場を借りる場合は、費用が高くなります。 予算が少ない人は、自宅葬を選択するのがおすすめです。 自宅葬であれば、会場を借りる必要がないので費用削減に繋がります。 しかし予想外の出費が出るかもしれないので、簡単に決めず、費用面をよく調べてください。

家族以外の知り合いを呼ばない

自宅葬は、友人や会社の知り合いなどを呼ぶことができます。 しかし家族葬は、身内以外の人を呼ぶことはできません。 非常に小規模な葬儀だと言われています。 ゆっくり、故人との別れを惜しみたい人に向いています。 家族葬をするなら、周囲に前もって伝えましょう。

棺を運び出せる広さが必要

自宅葬は名前の通り、自宅で行う葬儀のことを言います。
これまで過ごしてきた自宅で、故人を見送ってあげたいと考えている人が自宅葬を選択する傾向が見られます。
しかしどこの家でもできるわけではありません。
葬儀は、出棺という工程があります。
棺を自宅の中から外へ運び出さなければいけないので、その分のスペースが必要です。
自宅が狭くて出棺できないと思ったら、家族葬は選択しないでください。
マンションでも可能ですが、エレベーターに棺が乗るのかチェックしておきましょう。

会場を借りなくて済むので、自宅葬は費用が安くなると言われています。
参加者が多い場合は、自宅に入り切らないかもしれません。
その場合は自宅の前にテントを張って、そこで待機してもらいます。
大きなテントを張ると、それだけ費用が高くなるので注意してください。
また、道路にテントを張ると通行人の邪魔になります。
スペースがあるのか、確認してください。

家族葬は、身内だけでひっそりと行う葬儀のことを言います。
たくさんの参列者がいると、もてなすことに必死になって、きちんと故人とお別れをすることができないかもしれません。
家族葬なら身内だけが集まるので、余計な気を遣わずに済みます。
前もって家族葬をすることを伝えておくと、トラブルの防止になります。
知り合いが、なぜ葬式に呼んでくれなかったのかと文句を言いにくるかもしれません。
事前に、ひっそりと葬儀を済ませたいことを伝えると安心です。